風土

Nature

豊かな水に恵まれた砺波平野。
若鶴ウイスキーの芳醇な味わいは、
清流から生まれます。

富山地図

ウイスキーづくりを支える
良水の存在

ウイスキーづくりを支える良水の存在

立山連峰をはじめとする北アルプスの3000メートルの山々から、
水深1000メートルを超える富山湾まで、
高低差4000メートルの変化に富んだ地形を有し、
美しく豊かな自然環境に恵まれた富山県。

庄川によって作られた砺波平野に広がる水豊かな散居村、
砺波市三郎丸に若鶴酒造はあります。
市内には、名水百選に選ばれた瓜裂生水(うりわりしょうず)があり、
こんこんと清水が湧きでています。

若鶴酒造では文久2年(1862)の創業以来、
庄川の清冽な水を使って酒造りを行ってきました。
ウイスキーづくりにおいても、仕込み水に良い水を使うことは
欠かせない条件の一つです。

ウイスキーづくりを支える良水の存在

ゆっくりと流れる四季の中で、
熟成されるウイスキー

ゆっくりと流れる四季の中で、熟成されるウイスキー

日本海側に位置するこの土地は
熟成環境という点においても水田に囲まれ、
冬は多くの雪が降る砺波の地は年間を通して湿潤な気候であり、
四季の移り変わりがはっきりしているため
ウイスキーづくりに適しています。

ウイスキーづくりには非常に長い時間が必要です。
仕込んだものが世に出ていくには長い熟成の時間がかかります。
夏に仕込まれたウイスキーは、実りの秋や雪の降りしきる厳しい冬、
暖かい春を幾度となく越えて熟成されます。
その味わいは、まさしくこの富山ならではのウイスキーといえます。

ゆっくりと流れる四季の中で、熟成されるウイスキー