こだわり

Concept

小さなウイスキー蒸留所ならではのこだわり

三郎丸蒸留所は、文久2年(1862年)創業の若鶴酒造の敷地内にあります。
若鶴酒造では冬に日本酒を仕込み、夏にウイスキーを蒸留してきました。
そのため年間の生産量は25樽ほどと限られていますが、
昔からの伝統であるヘビーピーテッドの麦芽を用いてこだわりのウイスキーをつくってきました。

麦芽
Malt

麦芽

若鶴酒造では、イギリス産の麦芽を使用しております。
若鶴酒造で昔から使われてきたヘビーピーテッド(50PPM)の
モルトのみを用いスモーキーなウイスキーを仕込んでいます。

麦芽

酵母
Yeast

酵母

酵母はエール酵母(ビール酵母)とウイスキー酵母の混合発酵をしています。
酒蔵ならではの技をもちいてフルーティーな香りを引き出しています。
また、富山県で発見された酵母を大学と共同研究し、
富山県ならではのウイスキー造りを目指しています。

酵母


Water

水

立山連峰をはじめとする北アルプスの3000メートルの山々から、
水深1000メートルを超える富山湾まで、
高低差4000メートルの変化に富んだ地形を有し、美しく豊かな自然環境に恵まれた富山県。
その西側に位置する砺波平野には庄川が流れ、一帯は散居村が広がる水豊かな土地です。

三郎丸蒸留所は、由来にもなっている富山県砺波市三郎丸の地にあります。
庄川の水は、烏帽子(えぼし)岳に源流を発し、合掌造りの里五箇山を通り、
富山湾へと注いでおり、地中深くには、
花崗岩により磨かれた清冽な伏流水が流れています。
若鶴酒造では、「良酒は良水から生まれる」というこだわりのもと、
この庄川の地下水を仕込水として使用しています。

水

~ 水へのこだわり ~

「灘、伏見の酒造郷を視察した際、「良酒は良水から生まれる」と感得。
昭和2年の不況のさなかであったが、巨費を投じ深井戸を掘削。
庄川の清冽な伏流水を使用することで大きく品質が高まった。」
(若鶴酒造株式会社(1963)『風雪50年』)

1927年(昭和2年)、2代目稲垣小太郎は、三郎丸の地に地下水を求め井戸を掘削しました。
当時は金融大恐慌の対応に東奔西走する厳しい状況であったにもかかわらず、
「良酒は良水から生まれる」というこだわりのもと、
先を見据えて巨費を投じる決断をしたのです。

水へのこだわり 水へのこだわり
昭和7年撮影 若鶴酒造醸造用水井戸

水へのこだわり
昭和11年3月撮影 揚水機(ポンプ)


Barrel

樽

かつてポートワインを製造していた時代には山梨からワインを樽ごと購入し、
その空き樽で熟成していました。
現在はバーボン樽を中心にシェリー樽、赤ワイン樽など
さまざまな種類の樽を用いています。

樽