• TOP>
  • 若鶴のこだわり

若鶴のこだわり

大吟醸仕込へのこだわり

一年で最も寒い時期といわれる大寒に「大吟醸酒」が仕込まれます。
杜氏の号令のもと、38%にまで磨かれた山田錦が冷水にさらされ、秒単位の正確さで洗米が行われ、限定吸水されます。甑(こしき)によって蒸された米は箱麹(はここうじ)によって吟醸突き破精麹(はぜこうじ)へと生まれ変わり、掛米と仕込み水とともに醗酵工程へと進みます。
清酒酵母にとっては非常に過酷な10℃以下の低温で、長期間ゆっくりと醗酵させることによって馥郁(ふくいく)とした果実様の芳香を持つ清酒が誕生します。 気品ある香りと味の膨らみが渾然となって醸し出す日本酒の芸術品をご堪能ください。

  • 大吟醸仕込へのこだわり
  • 大吟醸仕込へのこだわり
  • 大吟醸仕込へのこだわり

「苗加屋」のこだわり

若鶴酒造は2013年9月2日、「苗加屋」ブランドをリニューアルしました。

従来より苗加屋の代表商品である「純米吟醸」、富山県産酒造好適米「雄山錦」を使用した「特別純米」に加え、「純米大吟醸」を加えました。

「純米吟醸」、「特別純米」は、”無ろ過” “生酒” “原酒”ということにこだわった、濃醇でありながらも旨みとキレを併せ持った清酒です。
淡麗辛口一辺倒の風潮に飽きた方や、いい酒を少量だけ飲みたい方、また燗酒の香りが苦手な方に特にお勧めの清酒です。

「純米大吟醸」は大寒の時季に仕込み、お酒にとって厳しい環境の中で醸し出されたお酒です。
上品でやや辛口、滑らかなあじわいです。

「苗加屋」は蔵の中では-3℃以下でタンク貯蔵を行い、瓶詰、出荷まで冷蔵管理し、取扱店様にも酒の特性を十分に説明して冷蔵保管を徹底していただいています。
飲み手に強い印象と感動を与える日本酒をぜひご賞味ください。

苗加屋ブランドページはこちら

  • 純米吟醸「苗加屋」のこだわり
  • 純米吟醸「苗加屋」のこだわり

ページの先頭へ戻る