若鶴のあゆみ

創業期 - 創業から大正時代

若鶴の起源

大正11年 大正蔵新築

「若鶴」という酒が生まれたのは、徳川時代も末期の文久2年(1862年)のことです。 はじめ越中の豪農が加賀藩の免許をうけて酒造りをはじめたのを、明治20年頃、桜井宗一郎家の一族がこれを継承して現在の本社所在地で酒造業を営みました。それを明治43年(1910年)に、初代稲垣小太郎が譲り受け、長男彦太郎(2代稲垣小太郎)を片腕に経営にあたったのです。

当初の造石高は300石にすぎず、経験未熟・設備不全のため苦杯をなめることもありましたが、一族の総力を結集して技術の向上と施設の改善に努めた結果、酒造界の好況もあって業績を伸ばし、大正5年には造石高1200石余にまで進展しました。

会社設立

大正3年(1914年)に起った第1次世界大戦は、日本に未曾有の好景気をもたらしました。酒類の需要も急激に伸びたため、個人経営では到底対応ができず、大正7年10月15日に資本金拾万円をもって若鶴酒造株式会社を設立したのです。既設の約千石仕込み施設のほかに、醸造倉庫一棟を増設し、新たに酒桶等諸器具を整備して、初年度1,453石を醸造しました。

大正時代

大正7年11月に米騒動が全国で蜂起し、醸造米の仕入れに難渋しましたが地方の優良酒造用米を集めて仕込みにかかることができました。大正8年は大戦景気の爛熟期であり、全国清酒造石高が新記録を樹立するも、翌年の大正9年には大暴落をしました。しかし若鶴酒造はこの反動不景気にこそ、設備の拡充強化を敢行すべきと信じ、工業用地の拡張、倉庫・付属建物の増築、近代的な精米設備の導入をはかりました。また、その頃より東京を中心とする中央市場への進出もはじめています。全国的な酒造業界の不況の一方で、設備改善の効果も現れ、当社は名実共に北陸第一の酒造会社となりました。

>「艱難期 – 昭和初期から第二次世界大戦」へ

ページの先頭へ戻る