会社案内

社長あいさつ

若鶴酒造株式会社 代表取締役社長 串田 茂

寒ブリやほたるいかなど美味なる恵みで知られる富山湾を抱き、背中には3,000m級の北アルプスの山々がそびえたつ富山県。その西側に位置する散居の郷・砺波平野は、豊かな自然がもたらす良質の米と透き通る庄川の伏流水が出会う、まさに酒造りのための地域であり、この豊穣な大地に若鶴酒造はあります。

私たちは文久2年(1862年)の創業以来、ひたすら品質本位に技を磨き上げ、愛され親しまれる酒造りに精進してまいりました。『若鶴』の名前には、代々受け継がれてきた酒造りの精神と、ご愛飲頂く多くの方々の、豊かで幸福な暮らしに貢献したいという願いが込められています。その心は今も変わることはなく、おかげさまで平成24年の全国新酒鑑評会で、2年連続金賞を受賞することができました。

今後ともこの勢いで、伝統を守りながらも新しい発想で酒造りに邁進し、若鶴酒造の酒を、味・取扱量など全ての面で、全国で一番ご支持を頂けるよう成長させるのと同時に、日本の「国酒」である「日本酒」を守る酒蔵の一員として、当社の製品はもちろん、日本酒全体がより多くの皆様に楽しんで頂ける土壌作りに全力を尽くしてまいりたいと思っております。今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

若鶴酒造株式会社
代表取締役社長 串田 茂

ページの先頭へ戻る